2021年3月版:Tweet出来ない?!APIテスト送信の罠

プログラム

半年前メインアカウントのTwitterAPIの申請をして、テストツイートのとき1度躓いたのにも関わらず…

すっかり忘れてしまって今サブ垢のほうでもおなじ躓きをしてしまいました…

またやらかしそうなので備忘録としてこちらに残しておきます。

こちらの記事はこういった方のお役に立ちます。

  • TwitterAPIの申請は通った
  • これからTweetするぞ!と思ったらエラー出た
  • パスワード間違えてるのかな…?
  • TweepError: Read-only application cannot POST.
  • APIサイトのどこいじればいいのかわからーん!

API使ってツイートしようと思ったらできない!なぜ?

答え:APIの初期設定では Read only になっているから

tweepy.error.TweepError: Read-only application cannot POST.

初期設定なしでTweetしようとするとこんなかんじのエラーが出るはずです。

TwitterAPIウェブサイト内のデベロッパーポータルで設定を変えれば大丈夫ですよ。

こちらからどうぞ

中央上部、右側のほうに2つのタブがあります。

わかりにくいですね。

APIキーの左側にSettingsというタブがあるので選びましょう。

左側のメニューからアプリ名を選んでも大丈夫とおもいます。

App permissionsのところが「read」になっているのでEditを押して設定を変えましょう。

Tweetのみを行う場合は2番目を

DMの機能も使いたい場合は3番目を選びましょう。

さらにキーの再発行が必要

これで終わりではなかった。

キー各種を再発行して上書き保存しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました